川口市の歯科クリニックです。入れ歯や、インプラント、小児矯正や成人矯正また補綴矯正等も行っています。是非スマイル歯科へお越し下さい。

川口市 スマイル歯科医院
サイトマップリンク集

入れ歯

部分入れ歯の種類

► レジン床義歯(保険適用)

プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
しかし、保険診療では材質、形態などに制限があります。

► チタン床義歯

チタンとはロケット、航空機などのハイテク分野から、最近は眼鏡のフレームやスポーツ用品など、近年話題の最先端金属です。
安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶け出すことが無いのでアレルギー等が発生しません。
また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。
一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。

► コバルトクロム床義歯

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
厚みがレジン床の約1/5と薄く、口の中に入れてたときの違和感が少なく、食事の際も熱がよく伝わります。
丈夫で、永く快適にご使用頂けます。

► ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ樹脂は透明度があり、審美性の高い義歯製作に適しています。
素材の特徴として曲げ回復力が強く、柔軟性があり、 樹脂の表面がきめ細やかであるため研磨性にも優れています。

► アタッチメント義歯

アタッチメント義歯はスクラプ(バネ)ではなく、精密な装置や吸い付く磁石などで義歯を支えます。
これによりしっかりと良く噛めて、目立たない入れ歯が表現できます。

► コーヌス

歯に金属の内冠を被せ、それに適合する外冠を持った構造の入れ歯をコーヌスといいます。
茶づつを強く振ってもフタは外れないように、内冠と外冠は摩擦力によってしっかりと固定されます。
しかし、ゆっくりと力を加えると簡単に外れます。

部分入れ歯一覧表

★の数は比較の目安です。お口の状況によって変わる場合があります。

素材

名称
写真 ワン
ポイ
ント
素材 違和

(薄さ)




長所 短所
チタン
床義歯
チタン床義歯




義歯床にチタンを使用











○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わる
○バネが目立たない
○割れにくく、変形しない
○軽い
○金属アレルギーにならない
 
コバルト
クロム
床義歯
コバルトクロム床義歯



義歯床にコバルトクロムを使用









○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わる
○バネが目立たない
○割れにくく、変形しない
×金属アレルギーになることがある
ノンク
ラスプ
義歯
ノンクラスプ義歯


ナイロンを使用







○バネがないので入れ歯だと気づかれにくい
○違和感が少なく、装着感もよい
○チタン・コバルトクロムに比べ安価
×定期的に作り変える必要がある